スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRAINSTORM/JOURNEY TO THE LIGHT '78

Journey to the LightJourney to the Light
Brainstorm

Virgin Records Us 2002-10-15

Amazonで詳しく見る


  1. We're on Our Way Home, Pt. 1
  2. Loving Just You
  3. Every Time I See You, I Go Wild!
  4. Brand New Day
  5. Journey to the Light
  6. If You Ever Need to Cry
  7. We're on Our Way Home, Pt. 2
  8. Positive Thinking

ブレインストームは、チャールズ(チャック)・オヴァートン(サックス奏者)を中心とする9人編成のヴォーカル&インストゥルメンタルグループ。77年にアルバム『Stormin'』でデビュー。TabuのA&Rディレクター、ジェリー・ピータースが、彼ら三枚のアルバムでプロデュースを行っている。一枚目のアルバムからは、後にオマー・チャンドラーがカヴァーした傑作バラード"This Must Be Heaven"とソウルチャートで14位まで上がり、2002年にはアン・ネスビーによってハウスタッチにカバーされた"Lovin' Is Really My Game"が収められている。本作は、彼らの二枚目に当たる。
☆オススメの一曲☆
If You Ever Need to Cry
余り注目度が高くない曲であるが、この曲がアルバム中で一番心に残った。女性リードヴォーカルのベリータ・ウッズは、もっと評価されてもおかしくないシンガーの一人だった。言い換えれば、もっと歴史に名を残してもおかしくなかった。素晴らしい声質と活力漲った歌唱は他に類を見ない。ゆえに、ここでも胸を打つヴォーカルをたっぷり披露している。バックの出来すぎたアンサンブルの見事さよ。ジェリー・ピータースに感謝すべきか。ちなみにこの曲のソングライトは、グループの鍵盤奏者ウィリアム・ウートゥンとベリータ・ウッズの手による。


Brainstorm - If You Ever Need to Cry




スポンサーサイト

最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。