スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIRLEY JONES/ALWAYS IN THE MOOD '86

Always in the Mood PlusAlways in the Mood Plus
Shirley Jones

Diablo Records UK 2005-05-31

Amazonで詳しく見る


  1. Do You Get Enough Love?
  2. Breaking Up
  3. Last Night I Needed Somebody
  4. She Knew About Me
  5. Always In The Mood
  6. I'll Do Anything For You
  7. Surrender
  8. Caught Me With My Guard Down
  9. We Can Work It Out (Bonus track)
  10. I'll Do Anything For You [remix] (Bonus track)

シャーリー、ブレンダ、ヴァロリーの三姉妹からなるジョーンズ・ガールズのリード・シンガーだったシャーリー・ジョーンズの唯一のソロアルバム。アルバムのコンセプトとして、A面(Romancing)とB面(Dancing)に分けられ、バニー・シグラー、デクスター・ワンセル、ケニー・ギャンブル&レオン・ハフ(orレジー・グリフィン)、アル・マッケイ&(アタラ)ゼイン・ジャイル、ラリー・デイヴィス&ウィリアム・レイシーといった錚々たるプロデューサーが顔を揃えている。
☆オススメの一曲☆
Do You Get Enough Love?
バニー・シグラー(ソングライト&プロデュース)が、80年代中期に底力を見せてくれた。伝統的なスウィートソウルミュージックの王道といった曲でアレンジャー、ラリー・デイビスの腕も光る。サビの部分が、覚えやすく途中から語りを入れるところも、この曲を魅力的なものにしている。結果的にR&Bチャートを制覇したが、シャーリー・ジョーンズにとってのソロアルバムは、これがワン&オンリー。なぜなのか?事情はわからねど、私にはこの曲があれば充分だ。


Shirley Jones - Do You Get Enough Love?




スポンサーサイト

最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。