スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BERNARD EDWARDS/GLAD TO BE HERE '83

グラッド・トゥ・ビー・ヒアGLAD TO BE HERE
BERNARD EDWARDS

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-05-03

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE 1)
  • Your Love Is Good To Me
  • Don't Do Me Wrong
  • You Don't Know Me
  • Joy Of Life
  • (SIDE 2)
  • You've Really Got A Hold On Me
  • Hard Loving Man
  • Glad To Be Here

シック(Chic)のベーシスト・バーナード・エドワーズのソロ・デビューアルバム(リーダー作としてはこれのみ)。ノースカロライナ生まれで10才の時、ニューヨークへ出てくる。このアルバムでは、スモーキー・ロビンソンとミラクルズの大ヒット曲"You've Really Got A Hold On Me"(ソウルバラードの真髄と評価も高い)をカバー。ちなみにジョセリン・ブラウンとのデュエット。96年4月シックとして来日した際、東京で急逝。
☆オススメの一曲☆
Your Love Is Good To Me
やってます、シック路線のファンキーナンバー。曲自体はかなりオーソドックスでシンプルだが、B級ライトファンク好きには堪らないだろう。印象的なギターカッティングを見せているのは、盟友ナイル・ロジャースか?レイ・チューやルーサー・ヴァンドロスも応援に駆けつけており、賑やかなメンバーによる御機嫌なナンバーだ。また、"You've Really Got A Hold On Me"におけるスモーキーとミラクルズのリメイクも彼の思い入れを感じさせる。ちなみにこのリメイクにも、バックグラウンド・ヴォーカルとアレンジにルーサーが買って出ている。またサックス奏者のレニー・ピケット(Lenny Pickett)も味のあるソロを響かせている。


Bernard Edwards - Your Love Is Good To Me




スポンサーサイト

最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。