スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MILES JAYE/MILES '87

MilesMiles
Miles Jaye

Island 1990-06-04

Amazonで詳しく見る


  1. Let's Start Love Over
  2. Lazy Love
  3. Special Thing
  4. I've Been A Fool for You
  5. I Cry For You
  6. Come Home
  7. Happy 2 Have You
  8. Desiree

マイルス・ジェイは、ニューヨーク・ブルックリン出身で本名がマイルス・デイビス。ジャズトランペッターのマイルス・デイビスに因んで名付けられたそう。ブルックリンカレッジまでクラシカルミュージックを学び、ヴァイオリンを弾いていたが、76年大学から米国空軍に入りそこでヴォーカルもやるようになった。除隊後、地元NYに戻りクラブプレイヤーやツアープレイヤーとして仕事をスタート。ようやくチャンスを手に入れたきっかけは、一本のデモテープだった。テディ・ペンダーグラスに送られたそのテープを彼が気に入り、デビューという運びになったという。
☆オススメの一曲☆
Let's Start Love Over
テディペンにその歌唱力を買われただけに、その実力は申し分ない。特に、野太い声質と力強い歌いっぷりが印象的だ。この"Let's Start Love Over"では、その暑苦しい歌声とクールなサウンドとの対比が面白い。ここでプロデュースを担当したのが、Dトレインでお馴染みのヒューバート・イーヴス。テディペン・サイドとしては、ファーストシングルということもありベテランの彼を起用したのだろう。時代は既にブラコン全盛ともいえる頃で、ヒューバートのプロデュースもそれに倣った形だ。また、ゲスト参加でロイ・エアーズが彼独特の浮遊感あるヴィブラフォンでサポートしてるのもちょっと嬉しい。こうしたアレンジも含め、シブイが結構好きなナンバーだ。


Miles Jaye - Let's Start Love Over




スポンサーサイト

最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。