スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

READY FOR THE WORLD/LONG TIME COMING '86

Long Time ComingLong Time Coming
Ready for the World

Mca Special Products 1995-11-13

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE ONE)
  • Love You Down
  • Baby (Let Me Love You)
  • Long Time Coming
  • So In Love
  • In My Room
  • (SIDE TWO)
  • Mary Goes' Round
  • Some People Don't Care
  • Here I Am
  • It's All A Game
  • Do You Get Enough

メルヴィン・ライリー(Vo,G)とゴードン・ストロジエ(G)を中心に、グレゴリー・ポッソ(Key)、ジョン・イートン(B)、ジェラルド・ヴァレンタイン(Ds)、ウィリー・トリプレット(Perc,El・Ds,B,Vo)のミシガン州出身6人組。本作は、85年に発表された「Oh,Sheila」の大ヒットを含むデビューアルバムに続く彼らの2作目。
☆オススメの一曲☆
Love You Down
大ヒットした「Oh,シーラ」などは、あまりにキャッチーで聴く気がしないが、この曲は別。80年代のバラードを集めたオムニバス形式のアルバムなどにも、たまに入っているのを見かけるが、80年代メロウ・バラードの傑作といえる。メルヴィンの甘ったるく、絡みついてくるようなヴォーカルは、好悪が分かれるところだが、純粋に曲がいいと思う。メルヴィンのソングライト作品だが、相棒ゴードンのギターも随所で効果的だ。音数をかなり少なめにして、全体的にスペースを広くしたところにヴォーカルが乗っているから、声が活きてくるのだろう。80年代らしいまったり系バラードの王道。


Ready for the World - Love You Down




スポンサーサイト

最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。