スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEPHANIE MILLS/STEPHANIE '81

STEPHANIESTEPHANIE
STEPHANIE MILLS

2009-01-28

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE ONE)
  • Winner
  • Two Hearts (Featuring Teddy Pendergrass)
  • Don't Stop Doin' What' Cha Do
  • Top Of My List
  • (SIDE TWO)
  • I Believe In Love Songs
  • Night Games
  • My Love's Been Good To You
  • Magic

ステファニー・ミルズは、1957年生まれでニューヨーク、ブルックリン出身。9歳でブロードウェイ・ミュージカル"Maggie Flyinn"に出演。幼少からゴスペル音楽に親しむ。74年にシングル"I Knew It Was Love"を発表。75年、"The Wiz"のドロシー役を得る。ジャーメイン・ジャクソンが、モータウンのヘッド、ベリー・ゴーディに彼女を紹介。76年、モータウンより"For The First Time"(バート・バカラックとハル・デービットの制作)を発表。78年、20th century fox recordsへ。79年に"What Cha Gonna Do With My Lovin"、80年に"Sweet Sensation"を発表。79~80年頃、シャラマーの元ソウルトレイン・ダンサー、ジェフリー・ダニエルと結婚。
☆オススメの一曲☆
Two Hearts
このナンバーは、ジェイムス・エムトゥーメイとレジー・ルーカスによるミッドテンポ・バラード。テディペンとのデュエットで、数ある彼女の作品の中でも五本の指に入るナンバー。
ステファニーは、ゴールドアルバムを5枚叩き出しているが、このアルバムを含めた20th century fox recordsにいた頃が、一番好きだ。つまり、ジェイムス・エムトゥーメイとレジー・ルーカスが、プロデューサーを務めていた頃。
かつてブロードウェイの星として、"The Little Girl With The Big Voice"の名声を得た彼女。まさにこの曲でも、あのテディ・ペンダーグラスと一歩も引かぬ好勝負を披露してくれている。エムトゥーメイ&ルーカス節が、沁み入る"Don't Stop Doin' What' Cha Do"も見過ごせない。


Stephanie Mills feat. Teddy Pendergrass - Two Hearts




スポンサーサイト

最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。