スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AL HUDSON&THE SOUL PARTNERS/ESPECIALLY FOR YOURS '77

alhudson.jpg

  • (SIDE A)
  • I Got A Notion You Got The Motion
  • Real Love
  • You're So Wonderful
  • Feelings
  • (SIDE B)
  • Baby Let Me Love You
  • Trying To Prove My Love
  • Disco Lover
  • Let's Disco
  • When Something's Wrong With My Baby

ワン・ウェイ(ONE WAY)の前身バンドである。
アル・ハドソン&ザ・ソウル・パートナーズの名で、4枚のアルバムを発表している。本作は、そのデビュー作に当たる。当時のメンバーは、6人でアル・ハドソン(リード・シンガー)を中心とし、デイブ・ロバースン(ギター&ヴォーカル)、ケヴィン・マッコード(ベース&ヴォーカル)、コーテツ・ハリス(ギター&ヴォーカル)、ジャック・オー・ホール(ピアノ)、セオドア・ダドリィ・ジュニア(ドラムス)という顔ぶれだった。アル・ハドソンとデイブ・ロバースンが、このグループのオリジナル・メンバーで70年前後からデトロイトで活動を始めていた。このアルバムのプロデューサーは、シンガー/DJとしても古くから知られているデトロイトのアル・パーキンス。レーベルは、MCAに吸収前のABC。
☆オススメの一曲☆
I Got A Notion You Got The Motion
このナンバーは、スピナーズにいたフィリップ・ウィン(Philippe Wynn)作。元々は、75年にマイケル・ウォーカーというシンガーによって歌われており、マイケル・ウォーカーはフィリップの弟マイケル・ウィンとも言われている。ソウル・パートナーズは、フィリップ・ウィンのいたスピナーズと仕事をしたことがあるので、この曲を気に入り取り上げたのではないかと思われる。ソウル・チャートでもヒットし、彼らのスタートの足掛かりとして絶好の曲となった。南部のハイ・サウンド風味にアレンジをこしらえ、ハートウォーミングな曲調を引き立たせている。またリードとバックグラウンドとのヴォーカルの掛け合いも心地良い。

↓こちらがONE WAY(試聴可)。
The Best of One Way: Featuring Al Hudson & Alicia Myers
One Way
B000002P0M


↓こちらのアルバムもCD化されました!お早めに。
ファンシー・ダンサー
ファンシー・ダンサー

スポンサーサイト

最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。