スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barry White - Practice What You Preach - The Icon Is Love

The Icon Is LoveThe Icon Is Love
Barry White

2000-01-01

Amazonで詳しく見る

「夜にまったりと聴きたいR&B」シリーズ、第5回目の今夜は懐かしいこの曲です。
前回紹介したナンバー"Secret Garden (Sweet Seduction Suite)"のオリジナルを歌っていた
のがAl B. Sure!、James Ingram、El DeBarge、Barry Whiteだったわけですが
バリー・ホワイトだけが2003年にこの世を去っています。享年58。奇しくも他の3人が
ここ数年で復活アルバムを発表してるだけに残念でなりません。ちなみに、2008年に
James Ingramが『Stand (In the Light)』。続く2009年にはAl B. Sure!が
『Honey I'm Home』。そして昨年El DeBargeが、『Second Chance』をそれぞれ発表しています。 この流れからすると、今年はバリーの番だったのに残念ですね(涙)。
今回紹介するナンバーは、バリー・ホワイトにジェラルド・リヴァート。そしてエドウィン”トニー”ニコ ラスによって制作されましたが、見事R&Bチャート1位(94年)に輝きました。


Barry White - Practice What You Preach



スポンサーサイト

Silk - Secret Garden (Sweet Seduction Suite) - Always & Forever

Always & ForeverAlways & Forever
Silk

2006-10-17

Amazonで詳しく見る

「夜にまったりと聴きたいR&B」シリーズ、早いもので4回目に突入です。
前回紹介したブライアン・カルバートソンのアルバムを何枚か聴いてましたら
この曲のカバーを『Somethin' Bout Love』(99年)というアルバムでやってました。
皆さんご存知の通り、オリジナルはクインシー・ジョーンズのアルバム『Back on the Block』
(89年)に収録され、R&Bチャート1位にも輝きましたね。曲も素晴らしかったですが
歌う顔ぶれがAl B. Sure、James Ingram、El DeBarge、Barry Whiteですからね(笑)。
このメンバーを集められたのはクインシーだったからで、他の人じゃまず無理ですね。
もとい、今回はオリジナルではつまらないので、シルクのカバーを選びました。
リードシンガーであった"Lil G"が2002年にグループを抜けたので、残りの4人で歌ってます。
原曲には遠く及びませんが、「あのメンバー」の曲をこの4人でカバーする心意気に打たれましたね。


Silk - Secret Garden (Sweet Seduction Suite)



Brian Culbertson feat. Avant - Skies Wide Open - XII

XIIXII
Brian Culbertson

2010-07-20

Amazonで詳しく見る

「夜にまったりと聴きたいR&B」シリーズ、第3回目の今夜はこのナンバーです。
ブライアン・カルバートソンという白人キーボード奏者のアルバム『 XII 』からの一曲と
なります。これは昨年出た新作ですが、R&B界のシンガーがたくさん参加してるので
必聴です。今回紹介するナンバーでは、アヴァーント(Avant)をヴォーカルに迎えて
おります。彼は前回紹介したコーニャ・ドスと同じ高校出身みたいですね。学年は
彼の方が下みたいですが。彼らの出身地オハイオ州クリーブランドと言えば
ジェラルド・リヴァートの出身地でもあります。コーニャを見出したとされる
エドウィン”トニー”ニコラスがジェラルドの右腕だったことを考えれば、みんなどっかで
繋がってくるんですね。



Brian Culbertson feat. Avant - Skies Wide Open



最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。