スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gary Taylor - Without You In My Life - G.T.

GARY TAYLORGARY TAYLOR
GARY TAYLOR

2011-03-10

Amazonで詳しく見る

前回の予告通り、ゲイリー・テイラー(Gary Taylor)に暫らくスポットを当ててみたいと
思います。まずは、彼のファーストアルバム『G.T.(83年)』からこちらのナンバーを
選んでみました。曲名を見てピンときた方は相当昔からこの手の音楽を聴いてきた方でしょう。
そうです、この曲の初出はマリーナ・ショウ(Marlena Shaw)という女性シンガーのアルバム
『Let Me In Your Life(82年)』でした。曲の作者はゲイリーなので、今回は彼のセルフ
カバーをご紹介したわけです。実はどちらを紹介するか迷いました。何せマリーナの方も
甲乙付け難いほど素晴らしい出来なものですから。ただ『Let Me In Your Life』が未だCD化
されてないのに対し、『G.T.』の方は11年に世界初CD化されたこともあって、こちらを
選んだ次第です。ま、マリーナの方もこの曲に関しては彼女の『Anthology』というアルバムで
CD化されていますので、気に入った方はそちらをご購入下さい。


AnthologyAnthology
Marlena Shaw

2004-01-20

Amazonで詳しく見る

よくデビューアルバムには、そのアーティストの全てが詰まっていると言いますが、ゲイリーの
場合もそれに当てはまりそうです。トップを飾る"Down For The Count"はこの時代にしか成し
得ない軽快なファンクですし、続く"Just What I Have In Mind"にしてもゲイリー節全開で
耳に心地いいです。マイケル・ワイコフに提供した"On The Line"は、Long VersionもCDには
収録されています。これもセルフカバー曲です。さらに注目したいのは、"This Time"と
"Special"という後のゲイリーの活躍を予見できる楽曲でしょうか。特に"This Time"は
私の愛聴ナンバーだったこともあり、思い入れも深いです。そして、個人的に忘れて欲しくない
のが"Looking Back"。これはB級ではありますが、この時代特有の匂いがプンプンします。
こうして振り返ると、"Without You In My Life"以外にも聴けるナンバーが多かったですね。



Gary Taylor - Without You In My Life




スポンサーサイト

Gary Taylor - Gotta Be A Way - Under The Nightlight

Under the NightlightUnder the Nightlight
Gary Taylor

2001-07-10

Amazonで詳しく見る

前回名前が登場したゲイリー・テイラー(Gary Taylor)に暫らく焦点を当てたいと思います。
以前このブログで彼のアルバム『Take Control』を取り上げましたが、一押ししてたのが
タイトルトラック"Take Control"でした。あの曲もアルバムもよく聴きましたが、ゲイリーの
アルバムには駄曲が少なく、必ず何曲かハッとする佳曲があるのが特長です。日本ではあまり
名前を語られることはありませんが、ソングライターとして多くのアーティストに楽曲提供
しているので、名前だけ目にしてきた方はいると思います。ま、なかなかマニア以外で楽曲
クレジットを丹念に見ている方は少ないとは思いますが(笑)。

今回ご紹介するナンバーは、彼のアルバム『Under The Nightlight(2001年)』に収録
されています。じっくりと聴いてみますと、ケム(Kem)が今やってることを先取りして
行っていたことに気づくと思います。私はケムを最初に聴いたとき、ゲイリー・テイラーが
やってきたことを忠実に再現してるアーティストだなと感じました。曲の作風だけでなく曲の
アレンジも似てるところが多いので、そう感じたのかもしれません。彼がゲイリーに影響を
受けたかは不明ですが、影響を受けたシンガー、ソングライターは少なくないでしょう。
アルバム内で今回取り上げた曲以外では、"Flirting With An Angel"なんかも好みです。



Gary Taylor - Gotta Be A Way




Chris Walker - Love Tonight - Sincerely Yours

Sincerely YoursSincerely Yours
Chris Walker

1993-11-16

Amazonで詳しく見る

さて今回は、93年がキーワードになってきます。前回の記事を見た方はわかると思いますが
あの後、当時を思い出しながら何枚か音盤彷徨していました。そして、この人を鮮明に思い出し
たわけです。クリス・ウォーカー、懐かしいですね。最近では2011年に『Zone』という
アルバムを出しましたが、音沙汰がない時期もありました。今回ご紹介するナンバーは、彼の
セカンド・アルバム『Sincerely Yours(93年)』に収録されています。
ディスクジャケットを見て、「あっ、これ見たことある」と思った方は、きっと某中古本販売
チェーン店で目にされたのだと思います。そして、どこか安っぽいアルバムだなと軽んずる感情
を感じてしまうとすれば、出会った場所の影響をどこか受けているのかもしれません。心を
まっさらな状態にして聴けば、この曲の良さがわかると思います。ちなみに"Love Tonight"は
クリス・ウォーカー本人の手によるもので、アルバムからのファースト・シングルでした。
R&Bチャートでは最高47位ながら、私にとっては忘れ難い曲の一つです。聴いた瞬間に
サビの部分を気に入り何度もリピートしたものです。私は、このブログでも以前紹介したことの
あるゲイリー・テイラー(Gary Taylor)に声質が似てると思っています。それと、クリスは
自身で作詞・作曲をしますが、曲の作風がゲイリーにかなり近い気がします。これは二人が
極めて近い審美眼を持っているからでしょう。もしかしたら、この二人に魅せられてしまう
我々も同じ感性、審美眼を持ってるのかもしれません。



Chris Walker - Love Tonight



Kirk Whalum feat. Javetta Steele - Love Is A Losing Game - Caché

CacheCache
Kirk Whalum

1993-02-16

Amazonで詳しく見る

今回で三度連続の登場となるカーク・ウェイラム、大忙しです(笑)。このナンバーもこの機会に
ご紹介しておこうと思いまして。何せ、93年当時この曲を聴きまくったものですから忘れる
訳にはいきません。といっても、言い忘れ、紹介忘れ、更新忘れが激しいブログですが・・。
もとい、この曲では女性シンガー、ジェヴェッタ・スティールを迎えてブラコン風味のR&Bに
仕上げています。この頃には既にヒップホップ・ソウルが登場してましたが、こういうR&Bも
何とか生き残って共存していました。まだ需要がありましたし、ちょうど変革期だったのかも
しれません。私としては、この手のR&Bが減ってしまったことに淋しさがあります。この曲も
人気サックス奏者のアルバムだから収められたと言えなくもありませんが、ジェヴェッタの
アルバム『Here It Is(93年)』にもしっかり収録されています。聴いて頂けるとわかると
思いますが、彼女はゴスペル畑の出身だけに内に秘めたエナジーを表現するのが巧いです。
久しぶりにCDを取り出して聴いてみましたが、一気にあの頃に引き戻されてしまいました。
今宵はもう何枚か、"あの頃の音"に触れてみたいと思います。



Kirk Whalum feat. Javetta Steele - Love Is A Losing Game




Kirk Whalum - Ascension - For You

For YouFor You
Kirk Whalum

1998-10-20

Amazonで詳しく見る

前回登場した人気サックス奏者カーク・ウェイラムのアルバムから、もう一曲ピックアップして
みました。曲名を見て、あっと思った方も多いのではないでしょうか。そうです、オリジナルは
勿論あの方、マクスウェル(Maxwell)です。96年の名盤、『Maxwell's Urban Hang
Suite』が脳裏に甦ってきましたね。彼のアルバムでは、"Ascension (Don't Ever Wonder) "
でした。このカークのカバーは、98年にリリースされたアルバム『For You』に収録されて
いましたが他にも私好みのカバーが満載でしたね。例えば、このブログでも以前に紹介
したケニー・ラティモアの"For You"、これはアルバム・タイトルになっています。他にも
アニタ・ベイカーの"Same Ole Love"、ブライアン・マックナイトの"Anytime"
ホイットニーの"Lover for Life"、それにスティービーやマーヴィンの名曲も含まれてます。
ま、たまには唄のないR&Bも如何でしょうかということで紹介してみました。
私は90年代にはR&Bと並行してスムーズ・ジャズも聴いてましたので、機会を見て
この種の音源も紹介していきます。



Kirk Whalum - Ascension




最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。