スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUICY/IT TAKES TWO '85

It Takes TwoIt Takes Two
Juicy

Funky Town Grooves 2012-09-18

Amazonで詳しく見る


  1. Bad Boy
  2. It Takes Two
  3. Love Is Good Enough
  4. Slow Dancing
  5. Nobody But You
  6. Sugar Free
  7. Stay With Me
  8. Forever And Ever

ジューシーはノース・キャロライナ出身で、82年のメジャー・デビュー時点では、メンバーは5人だった。1作目『Juicy』は82年にAristaより発表されたが、総合監修はエウミール・デオダート(Eumir Deodato)によって行われる。この後、84年にはサウンド・トラック『Beat Street』に"Beat Street Strutt"をデオダートとのコラボレートで提供。翌85年に新興レーベル"Private"にて本作を制作。当初5人だったメンバーは、キャトリースとジェリーのバーンズ兄妹のみのユニットとなる。プロデュースは、エウミール・デオダート(Eumir Deodato)。
☆オススメの一曲☆
Sugar Free
本作の目玉であるのがこの曲、"Sugar Free"。
古くは、グランド・ダディ・IUがタイトルもそのままにカバー・ラップをレコーディングし、95年にはAZが、"Sugar Hill"でサンプル・ネタとして使用。その他、90年代にこの曲をカバーしたり、下敷きにした楽曲は多い。例えば、ポーリーン・ヘンリー(Pauline Henry)などもそう。こうした再評価も含め人気も高まり、めでたくCD化が実現されたが、その人気の秘密はどこにあるのだろうか?まず第一に80年代中期らしいTR-808によるクリアで適度に洗練された音が挙げられる。第二に曲全体に流れるゆるいグルーヴ。そして最後に汗臭くない澄みきったメロウ・サウンドこそが時を経ても支持される一番の要因なのかもしれない。


Juicy - Sugar Free




最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。