スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARETHA FRANKLIN/JUMP TO IT '82

Jump to It : Expanded Edition , from UK]Jump to It : Expanded Edition , from UK]
Aretha Franklin

BBR 2012-05-22

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE1)
  • JUMP TO IT
  • LOVE ME RIGHT
  • IF SHE DON'T WANT YOUR LOVIN'
  • THIS IS FOR REAL
  • (SIDE2)
  • (IT'S JUST)YOUR LOVE
  • I WANNA MAKE IT UP TO YOU
  • IT'S YOUR THING
  • JUST MY DAYDREAM

アレサ・フランクリンは、1942年、テネシー州メンフィス生まれでデトロイト育ち。本作を発表した時、アレサは40歳。この時点で、既にレコーディング・キャリアは30年近く。父親は有名な牧師で母親も著名なゴスペル・シンガー。アレサ自身もゴスペルで育ち、聖歌隊で歌う。12歳でゴスペルを録音。14歳でプロのゴスペル歌手としてデビュー。1960年から6年間のジャズ歌手としてのCBS時代を経てアトランティックに移り、今度はR&Bの大型歌手として真価を発揮。合計10個のグラミー賞、20枚をこえるゴールド・ディスクを獲得(82年時点で)。80年に14年間在籍したアトランティックからアリスタに移る。本作ではルーサー・ヴァンドロスをプロデューサーに迎え、ぐっとソウル色のかかった好盤にしている。(アリスタ移籍後としては3作目となる)。
☆オススメの一曲☆
LOVE ME RIGHT
ルーサー・ヴァンドロスのソングライト/プロデュース作品で、彼の憧れの人、アレサということもあってか半端じゃない熱の入れようを感じる。この曲では、彼のバックグラウンド・ヴォーカルが響きわたっており、半ばセミ・デュエットといった趣。ルーサー以外のバックグラウンド・ヴォーカルの顔ぶれが、これまたすごいの一言。お手本になるような素晴らしいコール&レスポンスが聴けるので一聴の価値あり。ルーサーのプロデュースとくれば、もちろんベースは親友のマーカス・ミラー。ちなみにストリング・アレンジには、あのポール・ライザー大先生の名前が!


Aretha Franklin - Love Me Right




最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。