スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLEASURE/GIVE IT UP '81

GIVE IT UPGIVE IT UP
PLEASURE

VINYL MASTERPIECE 2010-06-30

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE A)
  • BEGINNINGS
  • GIVE IT UP
  • SENDING MY LOVE
  • WHAT'S IT GONNA BE
  • TAKE IT TO THE STREETS
  • (SIDE B)
  • SASSY BABY
  • IT'S SO HARD
  • CAROLYN
  • ALL THE WAY
  • STONE LOVE

73年にオレゴン州ポートランドで結成されたヴォーカル&インストゥルメンタルグループ。リーダーは、ベースのネイト・フィリップス。74年にデビューし6枚のアルバムを出している。このアルバムは、RCAから出された唯一の一枚。先日紹介した、後にソロデビューすることになるランディ・ホール(リードヴォーカル/ギター)が、このアルバムから加入。なお、ネイト・フィリップス(B)とダグラス・ルイス(G)は、後にクーラー(COOL'R)というヴォーカル&インストゥルメンタルグループを結成する。
☆オススメの一曲☆
GIVE IT UP
この曲"GIVE IT UP"を一言でいうと、びしっと決まった一曲。この頃のヴォーカル&インスト・グループならではの演奏。そして新加入したリードヴォーカルのランディ・ホールがいい。ニューヨーク系ダンクラ好き、AOR系ブラコン好き、そのどちらをも納得させる出来。ロバート・ライト制作ということもあり有名だが、このアルバムには、バックグラウンドヴォーカルとしてフォンジー・ソーントンの他、ケヴィン・オーウェンスも参加している!ニューヨークサウンド好きには、外せないアルバムの一つ。こちらも無事CD化。


PLEASURE - Give It Up




最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。