スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOTATIONS/NOTATIONS '75

ノーテーションズ+1ノーテーションズ+1
ノーテーションズ

ビクターエンタテインメント 2001-10-24

Amazonで詳しく見る


  1. It's All Right
  2. Take It Slow
  3. Bills Break Up Homes
  4. Make Me Twice The Man
  5. There I Go
  6. Since You've Been Gone
  7. It Only Hurts For A Little While
  8. I'm Losing
  9. Make Believin'
  10. Think Before You Stop
  11. Superpeople

ノーテーションズ(The Notations)は、シカゴ出身のヴォーカルグループ。65年、クリフォード・カリー(リードヴォーカル)が中心となり結成される。74年末にジェミゴと契約し、75年にはシングル"It Only Hurts For A Little While"を中ヒットさせる。本作は、彼らのデビューアルバム。96年にサンライトというインディレーベルから20年ぶりとなるセカンドアルバム『2nd time around』を発表する。
☆オススメの一曲☆
Take It Slow
駄曲のないアルバムでナチュラル・フォーの後釜的な存在としてシカゴマナーを十分すぎるほど味わえる。その中でもロウレル・サイモンが、プロデュース/ソングライトで絡んでいる"Take It Slow"が最高だ。クリフォード・カリーのストレートな感情移入によるヴォーカルが堪らない。時に優しく語りかけるように歌い、時に熱く情感たっぷりに歌う。その辺の出し入れが、実に上手い男だ。駆け引き上手。独りよがりにみえて考えられた歌い方なのである。



The Notations - Take It Slow




最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。