スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gary Taylor - Gotta Be A Way - Under The Nightlight

Under the NightlightUnder the Nightlight
Gary Taylor

2001-07-10

Amazonで詳しく見る

前回名前が登場したゲイリー・テイラー(Gary Taylor)に暫らく焦点を当てたいと思います。
以前このブログで彼のアルバム『Take Control』を取り上げましたが、一押ししてたのが
タイトルトラック"Take Control"でした。あの曲もアルバムもよく聴きましたが、ゲイリーの
アルバムには駄曲が少なく、必ず何曲かハッとする佳曲があるのが特長です。日本ではあまり
名前を語られることはありませんが、ソングライターとして多くのアーティストに楽曲提供
しているので、名前だけ目にしてきた方はいると思います。ま、なかなかマニア以外で楽曲
クレジットを丹念に見ている方は少ないとは思いますが(笑)。

今回ご紹介するナンバーは、彼のアルバム『Under The Nightlight(2001年)』に収録
されています。じっくりと聴いてみますと、ケム(Kem)が今やってることを先取りして
行っていたことに気づくと思います。私はケムを最初に聴いたとき、ゲイリー・テイラーが
やってきたことを忠実に再現してるアーティストだなと感じました。曲の作風だけでなく曲の
アレンジも似てるところが多いので、そう感じたのかもしれません。彼がゲイリーに影響を
受けたかは不明ですが、影響を受けたシンガー、ソングライターは少なくないでしょう。
アルバム内で今回取り上げた曲以外では、"Flirting With An Angel"なんかも好みです。



Gary Taylor - Gotta Be A Way




関連記事

最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。