スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanessa Rubin - Livin' Without A Heart - New Horizons

New HorizonsNew Horizons
Vanessa Rubin

1997-07-29

Amazonで詳しく見る

私が今回ご紹介する曲を知ったのは、ロドニー・マンスフィールド(Rodney Mannsfield)の
アルバム『Love in a Serious Way(93年)』でした。そちらの方を紹介したかったのですが
折り悪くYou Tubeに動画がなかったので、ヴァネッサ・ルービン(Vanessa Rubin)のカバー
を紹介します。こちらは、彼女のアルバム『New Horizons(97年)』に収められてますが
オリジナルに負けないほど高いクオリティを誇っています。特に、スムーズ・ジャズのような
ジャジィなアレンジと洗練されたサウンドが心地いいです。オリジナルではロドニーの魂で叫ぶ
ようなヴォーカルを堪能できますが、ヴァネッサの艶やかでしなやかなヴォーカルも悪くない
です。まさに剛と柔の対照的な二人なので、聴き比べてみるのも一興です。紹介するにあたり
改めて彼女のヴォーカルを聴いていると、なぜかパティ・ラベル(Patti LaBelle)の唄い方に
似てることに気づきました。もしかしたら彼女のファンで影響を受けたのかもしれません。
ま、これは私の勝手な想像で根拠は何ひとつありません(笑)。ジャズ・シンガーとして
知る人ぞ知るヴァネッサですが、7枚もアルバムを出していたことには驚きました。これは
彼女のデビュー時の年齢(34歳という遅咲き)を考えると驚嘆すべき事ではないでしょうか。
音楽業界では世に出ることより、世に出続けることの方が難しいと言われてますから。
言い忘れるところでしたが、今回ご紹介した曲もゲイリー・テイラーの手によるものです。
本当いい曲を作ります。さて、次回でゲイリー・テイラー特集も最後となります。お楽しみに。



Vanessa Rubin - Livin' Without A Heart




最近ポチったCD





カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。