スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDが売れない時代 ~パッケージ文化の終焉

CDが売れない時代と言われて久しいですが、未だにCDを買い続けてる人たちもいます。

私もそんなガラパゴス化した人間の一人です。考えてみれば、何もパッケージ化したモノとして

音楽を所有する必要もなく、デジタル化した音源を気軽に楽しめればそれでいいではないか。

今やネット環境も整い、YouTubeなどのネット無料動画サービスも充実してきています。

好きな時に好きな音楽を無料で楽しめる時代が今ココにあるわけです。またAmazonの

「Amazon Music Unlimited」や「Spotify」
のような定額制音楽配信サービスも

発展を遂げつつあります。もはやCDは時代遅れの産物に過ぎないのかもしれませんね。。。

ましてレコードなど化石とは言いませんが、高いお金を出してまで買うものではありません。

ま、元々高いレコードなどに金を落としたことはほとんどありませんけどね(笑)。

常に頭にあるのは、それを売った場合にいくらになるかということです。

せこい話ですが、原価計算する癖が自然と身についてしまっています。これもCDやレコードを

売ったり買ったり繰り返してきた結果でしょうか?(笑)

モノは所有する時代から共有する時代になり、人々の所有欲も年々薄れつつあります。

需要と供給のバランスを読みながら買い物をするのも賢い選択なのかもしれませんね。


関連記事

ブログの紹介

CDやレコードという時代遅れの
パッケージ文化に毒された
ガラパゴス親父が、ゆるく
手持ちのCDやレコードを
再検証していくブログです。
前時代的な備忘録なので
読者を限定してしまうかも
しれません。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。