スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年の備忘録 ~その1~ 

今年もあっという間に2月ですが、いかがお過ごしでしょうか。
このブログというか備忘録もゆるくスタートしたいと思います。
景気づけに、ブログのロゴ(2018年度版)を作ってみました。

shinnen.jpg

さて、早速ですが今年のCD購入状況を説明します。

1月1日~2月19日現在までに合計20枚のCDを購入しました。
50日で20枚なので、昨年の合計70枚と比べましてもかなりのハイペースですね。
この分だと、1年で140枚を超えるペースです。

では購入店別シェアを見ていきましょう。

1位 アマゾン
2位 TSUTAYA
3位 楽天ブックス
4位 ブックオフ


奇しくも、昨年度の購入店別シェアと同じという結果ですが
各店舗別の内訳(購入枚数)はこんな感じ。

アマゾン 9枚、TSUTAYA 7枚、楽天ブックス 2枚、ブックオフ 2枚。

ブックオフのみ中古CD(280円×2枚)で、他は新品CDです。
ただし、アマゾン分の平均単価は1000円を切っていますし、TSUTAYA分の平均単価も
1200円を切っています。楽天ブックス分の平均単価は1500円です。
まあ、TSUTAYA以外はポイントを有効利用しているので定価より安く買えていますが
TSUTAYAのみ、ほぼ定価といったところでしょうか。ただ近年の復刻&再発CDの廉価により
昔に比べて安く買えてることも事実です。まあ、輸入盤のCDは昔もアマゾンで安く買えていましたが。

TSUTAYA分に関しては、前回も話しましたがアマゾンや楽天ブックスなどで
入手困難になったモノをここで買うというパターンですね。
以上、今回はここまで。

次回からは見た映画の感想や評価なども綴っていく予定です。

関連記事

ブログの紹介

CDやレコードという時代遅れの
パッケージ文化に毒された
ガラパゴス親父が、ゆるく
手持ちのCDやレコードを
再検証していくブログです。
前時代的な備忘録なので
読者を限定してしまうかも
しれません。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。