スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAUL LAURENCE/UNDEREXPOSED '89

UnderexposedUnderexposed
Paul Laurence

Capitol

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE 1)
  • MAKE MY BABY HAPPY
  • I AIN'T WIT IT
  • (SHE'S NOT AN)ORDINARY GIRL
  • MAIN COURSE
  • (SIDE 2)
  • CUT THE CRAP
  • SUE ME
  • SHE'S GONE
  • I'M A BUSINESS MAN(KICK IT TOO)

ニューヨーク出身のキーボード奏者だが、ソングライター/プロデューサーとしても有名。特に旧友フレディ・ジャクソンと共に作りあげた大ヒットアルバム『Rock Me Tonight』は、歴史的名盤ともいえる。そのソングライト能力は大変素晴らしく、彼が関わったアーティストの数は80年代において枚挙に暇がない。本作は、彼のソロアルバムとしては二作目に当たる。
☆オススメの一曲☆
CUT THE CRAP
85年のソロ・デビューアルバム『HAVEN'T YOU HEARD』に続く二作目。このアルバムの中でひたすらメロウで彼のセンスが光る一品と言えば、この曲だろうか。途中に入る会話など、なかなか凝った作り。やはり彼の持ち味は、こうした美メロバラードにこそ、その真価を発揮するといえる。他の曲では、"MAIN COURSE"なんかも結構好きかな。


Paul Laurence - Cut The Crap




最近ポチったCD

トゥモロー・2・イエスタデイ

ファースト・カム・ファースト・サ―ヴド

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。