GENOBIA JETER/GENOBIA '86

GenobiaGenobia
Genobia Jeter

Funky Town Grooves 2012-08-21

Amazonで詳しく見る


  • (SIDE A)
  • Sunshine
  • Peace Of Mind
  • Together
  • Blessing In Disguise
  • (SIDE B)
  • I Just Want What's Mine
  • We Got Love
  • All Of My Love
  • Take A Look

ジェノビア・ジーターことジュリアス・チークスは、ワシントンの出身で従姉妹には、ジュディ・チークスがいる。ゴスペル一家だった家族の影響のもと、5才にしてバプティスト・クワイアで歌う。10代には、ゴスペルの名門・サヴォイレーベルと契約(アルバム『Things Got To Get Better』と『Heaven』の2枚をリリース)。86年にRCAと契約し発表したのが、このR&B作品『Genobia』である。
☆オススメの一曲☆
Together
ジェノビアとグレン・ジョーンズ(後に彼と結婚)との火の出るような熱いデュエット曲。12インチもきられた80年代屈指のデュエットソングで曲の作者が、マーティン・ペイジとジョン・リンドという二大ヒットメイカーだけにヒット・ポテンシャルも高い佳曲だった。全米ではセカンドシングルとしてリリースされ、87年にR&Bチャートで42位にランクするヒットとなった。もっと上がってもおかしくないが・・・(笑)。二人のデュエットソングの中では、グレン・ジョーンズのミニアルバム『Everybody Loves A Winner』に収められた「Keep On Doin'」が最も有名かつ最高の出来だが、こちらも負けてはいない。また、ファーストシングル「All Of My Love」も佳曲。


Genobia Jeter feat. Glenn Jones - Together




ブログの紹介

CDやレコードという時代遅れの
パッケージ文化に毒された
ガラパゴス親父が、ゆるく
手持ちのCDやレコードを
再検証していくブログです。
前時代的な備忘録なので
読者を限定してしまうかも
しれません。。。